プロが教えるニキビ治療

ニキビ治療におけるNG行為

ニキビができてしまった際にはニキビ治療を行っていかれると思われますが、中には自分で
ニキビを潰してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ニキビを潰す

しかしそれでは傷跡が残ってしまうこともあります。
そこでそのようなNG行為を行わずに綺麗な状態に治していきたいというのであれば、
自然に治るのを待つことが大切ですが、早く治していきたい場合には
ニキビ治療にも対応している皮膚科を利用されるのもいいですし、
市販の塗り薬を利用していかれるのもいいでしょう。

綺麗に治していくためには潰すという行為を行うことだけは一番良くありませんので、
ニキビに触れないように気を付けましょう。

ニキビ治療には根気が必要となりますが、しっかりと対処していくことができれば、
ニキビがなかった状態に戻していくことができますので、潰すことだけは避けていくようにしましょう。

また食生活のバランスも大切になりますので、考えておかれるといいのではないでしょうか。

ニキビ治療で抗生物質を処方する場合

ニキビ治療で皮膚科を受診した場合、抗生物質が処方されることがありますが
これは炎症がひどく段階が進んだニキビ治療を目的とした場合です。

抗生物質には菌を殺す抗菌作用があります。
そのため、ニキビの原因菌となるアクネ菌に対しても殺菌作用を発揮してくれ、
赤く腫れたニキビを急速に鎮める効果があります。

即効性のあるニキビ治療

ただ、炎症を抑える効果はありますがニキビそのものをなくす効果はありませんので、
炎症があるニキビにしか効果がなく初期ニキビには効果を発揮することができません。

また、アクネ菌には善玉菌と悪玉菌が存在し悪玉菌のみがニキビを悪化させる原因になります。
ただ抗生物質は殺菌作用が強い薬ですので良い菌も悪い菌も全て殺してしまいます。

そのため服用することによってかえって肌が荒れる危険性がありますし、
副作用がでることもありますし、耐性菌が生まれる可能性もあります。

そのため、皮膚科などでも重度のニキビ治療にのみ用いられるケースが多いです。

宮城県では、いろいろなお肌の状態に合わせて、病院にはたくさんの治療方法が用意されています。
ニキビの治療で病院に行ってもよいものかと迷っている人が多いかもしれませんが、
じつは宮城県でもたくさんのひとたちがニキビの治療をするために病院やクリニックで施術を受けているのです。

今現在のお肌がニキビで痛いくらいに腫れている方でも、一応ニキビの症状が落ち着いてきたけれど
ニキビ跡が気になるという場合、どんな種類のお悩みでも一度宮城県で皮膚科の先生に相談してみると良いでしょう。

きっと的確な対処方法を提供してもらえるはずです。
外用薬だと、抗生物質の入ったクリームを処方してもらえるので、アクネ菌を退治できます。