プロが教えるニキビ治療

ニキビ治療で皮脂の過剰分泌を改善する

ニキビの中でも思春期ニキビと呼ばれるものは、皮脂の過剰分泌が原因です。
なぜそのようなことになってしまうのかというと、成長期に増えるホルモンの影響です。

大人の体に近づけようと成長期には、成長ホルモンや性ホルモンが大量に分泌されます。
ホルモンの分泌量が増えれば、皮脂の分泌量も増します。

ホルモンの働き

皮脂腺は毛穴の奥にありますが、排出できない分が毛穴に残り、古い角質と合わさってつまります。
そこで皮脂を餌とするアクネ菌が繁殖すれば、肌は炎症を引き起こしてニキビができあがります。

思春期ニキビにおけるニキビ治療はどうするのかというと、ホルモンの分泌を抑えることはできませんから
基本的には皮脂を洗顔で落としたり脂っこいものを食べないようにするといった生活の見直しをしていきます。

ただし、皮脂を落とすにしても洗顔をしすぎると肌を刺激しますし、肌の乾燥が進んで
皮脂の分泌量が逆に増えるので回数は控えめにしましょう。

それから、炎症が起きているときに、つぶして無理に膿を出そうとするとクレーター状の凹みができたりシミが残ります。
炎症がひどいときには、抗炎症成分のある塗り薬を使ったり、病院に行って殺菌効果のある
抗生物質を処方してもらうなど、肌に刺激を与えないニキビ治療が最適です。

大人になってもニキビに悩まされる

ニキビというと子供の頃に出来るものと思う人もいるでしょうが、実際には大人も例外ではありません。
そんなアダルトニキビの原因は、皮脂も関係しますが多くが肌の老化によるものです。
ターンオーバー(肌の新陳代謝)が衰えて古い角質がいつまでも残り固くなると、毛穴が狭まり出口部分が塞がれてしまいます。

そこに皮脂が分泌されると、内部で皮脂と古い角質が混ざり合い詰まります。
また、大人は化粧もするので、顔を洗った後も毛穴にメイク汚れが残ることもあります。

大人のニキビ

そのように毛穴に詰まったものを餌として、アクネ菌が繁殖すれば肌に炎症が起きてアダルトニキビになります。
このタイプは乾燥しやすく角質が硬くなりやすい口の周り、つまりUゾーンにできやすいのが特徴です。

この場合、ニキビ治療は薬と肌のケアというアプローチで行います。
薬というのは、抗生物質や抗炎症剤を使い細菌の繁殖や炎症を抑えるニキビ治療です。

しかし、これでは根本的な原因を解決できません。根本的な解決はケミカルピーリングやフォトフェイシャルのように、
ターンオーバーを活性化させるニキビ治療が最も効果があります。

そういったニキビ治療で肌の老化が解消されたら、毛穴に皮脂や角質がつまることはなくなり
昔のように美しい肌を取り戻せます。ターンオーバーを活性化させる治療法について詳しく知りたいならば、
皮膚科に相談しましょう。